【持続化補助金】第8回公募開始、特別枠が新設されました

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者が自社の経営を見直し、自らが持続的な経営に向けた経営計画を作成した上で行う販路開拓や生産性向上の取組を支援する制度です。
令和3年度補正予算による第8回締切分の公募が開始されました。
商工会議所では、専門家個別相談を中心に、補助金活用を積極的に支援しています。まずはお気軽にご相談ください。

●補助対象者
 小規模事業者(業種によって以下のように定義されます)

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他常時使用する従業員の数 20人以下


●補助対象経費
 ・パンフレット作成
 ・広告掲載
 ・販促用チラシ
 ・ウェブサイトや EC サイト等の構築、更新等
  (※ウェブサイト関連費は補助金交付申請額の1/4を上限)
 ・店舗改装
 ・新商品開発
 ・販売拡大のための機械装置導入
 ・商談会への参加
 など

●申請類型
本年度は、小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路開拓等(通常枠)に加え、
賃上げや事業規模の拡大(成長・分配強化枠)、創業や後継ぎ候補者の新たな取組(新陳代謝枠)、
インボイス発行事業者への転換(インボイス枠)といった環境変化に関する取組への支援が拡充されています。


●スケジュール
 第8回応募締切:2022年6月3日(金)
 ※第9回以降は随時公表されます。第11回まで予定されています。

詳細は公式サイトをご覧ください。

目次
閉じる